ヤクティブブログ

中学校の勉強は「国語力」で解ける。

IMG_20151022_165229

未来の屋久島人底上げプロジェクト「寺子YACTIVE」も

高校受験に向けてそろそろ本気出す時期になってきました。

寺子YACTIVEには勉強が嫌いな子が多いです。

それは、勉強ができないからです。

 

 

見ていると、どうも国語力が最大の問題です。

国語力とは科目の国語ができるかどうかではありません。

いわゆる「読み、書き」ってやつですね。

教科書や参考書に何がかいてあるか分からない。

授業で先生が何について話しているのか分からない。

だから、勉強が分からない。

 

 

テストを受けるにしても、問題文の意味が分からない。

問題にとりかかる以前のお話になってしまいます。

高校受験では問題のほとんどが文章題です。

解けるか否かよりも、まず問題文を理解しなければなりません。

公式や計算は出来ても、問題が分からないのでは

答えの出しようもありませんからね。

 

 

寺子YACTIVEでも対策をしなければなりません。

今やっているのは数学の文章題です。

国語なのに数学?って感じですよね。

でも、五教科の中で一番問題文が読みやすいんです。

何を聞かれていて、何が条件なのかが

はっきりと書かれていますから。

 

 

受験理科は実験をしてみたという体で問題が出され、

受験社会はAさんが研究していますというレポート風。

なんだか問題にストーリー性が強い気がします。

国語力のない子はそれに惑わされるみたいです。

数学の文章題もストーリー性はありますけど、

受験では図形や関数が出題傾向が強い分

作る側もストーリー作りづらいみたいですから。

 

 

大人になっても必要性が高いので

国語力を少しでもつけてもらえるように

日々奮闘しています。