こだまクラブ

9/24 成長の証

dsc_1481

土曜日はこだまクラブの活動日。

病気になってしまった枝を切っていきました。

枝を切るっていうと何気ない作業のように思えますが、どこにハサミを入れるのか

角度は気をつけないといけないのか、切っていい枝とだめな枝の見分けはどうするのか

けっこう難しいところがあります。

 

 

知的障害の場合、それを理解してもらえるまで時間がかかります。

大切なのはあきらめない、根気強く説明することじゃないかな。

コチラがイライラしたり、荒い言葉を使うと相手は萎縮してしまいます。

明るく、楽しく一緒に作業することが何より大事。

 

 

でもそれって、誰でも一緒なんだよね。

それが分かりやすいので、教える側にもすごく勉強になります。

 

 

枝を生え際の根本から切るっていうことが中々できなかったメンバーが

キチンと根本から切ることが出来るようになりました。

これが成長の証。一緒に成長していきたいですね。