ヤクティブブログ

小論文講座。

寺子YACTIVEで小論文講座をスタート!
受験で必要な生徒さんがいるからなんだけど。
小論文は限られた文字数で、起承転結を作って自分の考察を書く、っていうのが基本になる。

  

 

書き方はテクニックで何とでもなるし、そのテクニックが書いてある本も多い。
例えば、問題的を全体の10%で書いて、具体例を40%で書いて、反論や展開を30%、
結論を最後に20%で締めくくるとか。結論を先に書く方法もあるとか。

 

  

でも、本当に必要なのは書くためのテクニックじゃなく、考察の方向性。
テクニックは練習すれば何とかなるけど、考察の方向性を知っているのと知らないのでは
小論文の「試験」に大きく影響する。

 

それはズバリ「一般論から大きく外れない」こと。

これから外れるのは非常にリスクが高い。
試験官も「常識」を持った人だから、一般論的な方が賛同と評価を得やすいのが現実。
だけど、優等生的な一般論じゃ個性がなくて評価にはつながりにくい。
「面白いやつ」って思われた方が得だしね。
てなわけで、常識や一般論からちょっとだけ外れる、っていうのが本当のテクニックになるんだよね。

 

てなわけで、そんな講座を始めるわけです。

目標は3か月で小論文が作れるようになること。
こっちもちょっと気合入れていかないとね。