ヤクティブブログ

環境にやさしいってなんだ?

「やさしいたんかん」は「やさしい農産物」で、それは「やさしい農園」で作った農産物だ!って

結論になったんだけど、誰に対してやさしいか?ってことを考えはじめてしまった。

こうなると思考の波が止まらなくなる。

こりゃあ、もうクセだわなー。

 

で、①消費者②作業者③社会④経営者⑤環境をとりあえず対象として考えようってことにした。

世間では⑤環境が興味を引きそうな感じだけど、環境って自然環境って意味で使われるよね。

屋久島も世界自然遺産だし、これはテーマとして扱わないといけないことになってくるよね。

 

じゃあ、農業と自然って何が違うの?

これは農業にたずさわってみて思ったんだけど、

農業は、人が食べるために、元々そこにはなかった植物を、人の手で植えて、育てて収穫する、こと。

当然のことながら、原生林とは全く植生が違う。

土もあれば水もあるので、草なんかはよく生える。

そこが人工なのに人工っぽくないところ。

 

「やさしい農園」が考えないといけない環境って、どうやら、原生林のような自然ではないっぽい。

島の原生林のことを大事にするなら登山を制限したり禁止したりするしかなくなる。

だって登山って山の土を踏み固めて、木の根っ子を踏みつける行為とも言えるから。

それは別の分野なので今は関係ないけどね。

 

そうなると、農業が作ってきたジオラマ的な農園環境ってことになるんだろうなー。

耕作放棄地が増えるとこの農園環境は壊れる。

厄介なのは、菌や虫が繁殖して近隣の農園に影響を及ぼすってこと。

植物の話でいけば、耕作放棄地が増えると生物多様性が失われていくらしい。

強い外来種に在来種が駆逐されるので単一的な植物しか生えなくなるんだそうだ。

あとは農園で使った肥料や農薬が周囲に及ぼす影響…ってことになるんだろうか。

 

肥料や農薬の話はまた別に考えるとして、結局、環境という点で言えることは

耕作放棄地を減らす、増やさないってことになる。

なんだ、これまでと変わらないじゃないか。

ただ、耕作放棄地を再生させる…減らすことだけしか考えてなかったけど、

増やさないことも農園再生プロジェクトの命題になってきそう。