日高ハルオ農園日誌

環境を活かそうとすると、アイデアが生まれる。

image (2)

 

昨日、はるお集落主催の村おこしの講演会にいらした講師の方と屋久島若手農家の勉強会ACCYとでランチ会をしました。

若手にも勉強の機会をということで、開いていただいた会で、思いの外長い時間お話をすることが出来ました。

 

特にテーマを決めて話をしたわけではありませんが、自然と「農業と地域が置かれている環境」の話になりました。

講師が住んでらっしゃる南九州市頴娃町は頴娃茶が主産業で、農業の町です。

茶農家は市場価格が落ちてきている現状に立ち向かっているところで、観光業をしている講師は農業と観光のコラボで新たな展開を考えているところだということでした。

屋久島も状況としては似たり寄ったりですが、今のところ農業と観光のコラボというところまでは環境が整っていません。

観光はすでに全国有数の知名度を誇り、多くの方が訪れる状況ですが、農業側から見るとほとんど他人ごとのような感じです。

この辺は指宿市と似たような感じだと、おっしゃってました。

でも、指宿市は観光業の低迷期に入り、新たな方策を模索しているところでもあります。

いぶすきマルシェに参加した時に、前向きに頑張ろうとしているところは実感しました。

 

屋久島は農業も観光も他所と比べると、まだ恵まれた環境にあります。

だから、危機感の実感はまだありません。

ただ、閉塞感は漂っているところはあります。

次世代を担う人材が居なくなっていくということも、なんとなく肌で感じているというところは、全国どこでもあるように、屋久島も同じです。

他と違う恵まれた環境だからこその強みも弱みもあるわけですが、話を聞いていて感じたのは、置かれている環境をどのように使うことが出来るかを考える必要があるということです。

もっというと、今ある環境をいかに利用するか。

自然環境だけでなく、社会環境、慣習、風土、人、企業、個人事業体、自治体…。考えるべき環境は実は多くあって、組み合わせるアイデアをどうひねり出すかというところが肝になります。

環境を観察することが必要になりますが、それは自分の周りをよく見るってことで、そこに対してどうアプローチするかという選択肢ができて、アイデアを作るきっかけが生まれるので、企画を立てやすくなるんですね。それは実感としてすごくあります。

 

例えばYACTIVEの場合、「役に立つこと」をコンセプトとして考えるので、まず自分が役に立てる人は誰だろう?というところからスタートします。

その時にたまたま出会ったのが、農園を運営できず耕作放棄地にしているおばあちゃんだったり、福祉体制が都会に比べて整備されていなくて、働く場が乏しい障がい者だったり、学習塾がほとんどないので、学力を伸ばすチャンスがない子どもたちとその親御さんだったりしたんです。

そこから着想、妄想、企画…と進んで、農園再生プロジェクト、こだまクラブ、寺子YACTIVEというプロジェクトが出来ました。

それに、一緒に活動していくれる仲間も得ることが出来ました。

周りをよく見ると、潜在的に自分たちが役に立てる人はまだいます。

まだまだアイデアを考える余地はあるってことですよね。

 

置かれている環境を活かすことがすごく重要で、そこから新しいものとか地域にあったものが生まれてくるんだって、講師の方とお話を聞いて改めてよく分かったような気がします。

こうやって、学ぶ機会があると、次に活かすことができるし、着想と妄想のネタになるのでマニアとしては楽しいですね。