日高ハルオ農園日誌

5/22 マタタビのかほり

wp-1495442108199..jpeg

今からの季節とんでもなくかぐわしくなる

長ぐつを履いた作業後の足。

なぜかやたらとネコが寄ってくるんです。

近所の飼い猫のみならず農園で休憩中に

野良ネコすら呼び寄せる強力仕様…。

我ながらその強力さにマジでビビりました。

ネコを引きつける何かが足から出ているのでしょうか…?

5/18 永遠の7分

新規ドキュメント 2017-05-18 (1)_1

 

いい歳して寝相が超絶悪いんです。

朝起きたら身体が冷え切ってることも…。

だから腹カゼをひいてしまったようです。

外仕事で田舎だとなかなかトイレはその辺になく…

必死の形相で往復することになります。

体調管理は大事ですね。…本当に。

2/22 たんかんを人々の心に刻みつけたい…!

DSC_1582

たんかんの出荷がピークを迎えています。

ぽんかんもそうでしたけど、天候がよかったのか、

今年は出来がすごくいいです。

こういう時に出荷されていく、たんかんたちの使命ー。

それは、「たんかんを人々の心に刻みつける」こと…!

 

 

…とまあ、大きく出てみたわけですけども。

心に刻まれるような、季節になると食べたくなる

そういう一品になれるのが一番の理想です。

 

 

頑張っておいしく食べられるんだよ。

そう言って、たんかんを送り出しています。

2/21 たんかんの魔法が市場を包む。

DSC_1579

鹿児島青果市場に視察に行ってきました。

出荷はすれど、実際に行ったのは初めて。

…まあ、大した量出荷したことはないんですけども。

 

 

耕作放棄地の再生からはじめているので

まだまだ収穫量が伸びていないのが現実。

ありがたいことに直接ご注文をいただいたりで

市場に出荷する量というのはたいしたことないんです。

なので視察中もすこし肩身がせまかったりして…。

 

 

競りがはじまると大きな声が飛び交います。

専門用語が暗号のようで何を言ってるのか

よく分からないんですけど

熱気みたいなものは伝わってきます。

出荷農家の評判はやっぱりあって

評判のいい農家さんのモノは高値で取引されます。

信用と信頼がモノをいうんですね、どこでも。

だから評判のいい農家さんのたんかんは

その魔法で市場を包むことができる。

 

 

ぼくは市場よりも食べた人の舌を包む

魔法がかかっているたんかんを作りたいです。

2/16 土の中からバレンタイン

DSC_1567

じゃがいもを掘りました。

作ったのはハルオJrの親父殿です。

キレイで大きくて渾身の出来栄え!!

 

2日遅いけど屋久島の土からのバレンタイン?

やまんこ売店で販売予定です。