綱引きの準備

image

来週の十五夜にむけて、綱引き用の綱打ち。

九州の南部では九月の十五夜に綱引きと相撲をする習慣がある。

九州南部の風習って知ったのは大人になってからだったけど。

全国でやってるって思ってたもんなー。

 

 

例年だと藁から綱を編むんだけど、米を作る人が減ったこともあって今年から縄を練ることになった。

だからか、例年の三分の一の時間で作業が終わった。

楽になるのはいいことだ!

 

 

 

綱引きの時に唄を歌いながら綱を揺らすっていうのがあるんだけど、

去年から歌い手にされている。若返りも必要だろうしね。

歌詞を覚えてないから不安だけど。

寺子YACTIVEの野望。

寺子YACTIVEを始めて3ヶ月が経とうとしています。

寺子YACTIVEというのは、小中学生むけの学習塾。

リーズナブルに可能性を広げるというのをしてみたかったので

週に3回、来た日にち分だけ運営費をいただくという形で始めたわけです。

基本的には数学と英語を教えていて、あとは生徒さんの希望を聞いて他の教科も教えています。

 

 

 

今の小中学生を見ていて思ったのが宿題が多いってこと。

鹿児島県はそういう方針でやっているみたいです。

そうしないと勉強をしないっていうのは分からないでもない。

だけど、こう宿題漬けだと他のことが出来ない。

何故かと言うと、今の子達は要領がどうも悪いようなのです。

すごく真面目で、素直なんだけど、要領が悪い。

ちょっとした工夫とか、イタズラ心があんまりないように見える。

茶目っ気というか邪気というか、そういうのがあんまり感じられない。

 

 

 

話を聞いていると、禁止されていることがすごく多くて

やっちゃいけないことが昔より何倍もあるみたいなんですね。

そりゃ、治安も悪くなっているし、凶悪事件も多いとあれば…ね。

だけど、そういうものの網の目をくぐって何かをするってのが

腕の見せどころってもんじゃないでしょうか。
 
 
 
私の場合は、チキンだったので合法的に…大人が分からないとか、気にしない方面で遊んでいました。
 
親が寝静まってからファミコンを延々やって学校で倒れたのは、いい思い出。
 
今の子は非常に言いことなんだけど「やってもいい?」って聞いています。
だけど、社会に出てみて、そういう人が気にしないとか勝手になっても咎められないとか、やってるのが分からないという部分はかなり役に立ってきたって思います。
もちろん、それが法に触れる部分とかだったらダメですけども、何かと役に立つモノの考え方になっていると思っています。
 
 
 
中学生くらいの子で、茶目っ気がある子がいたら勉強以外にも視点の持ち方とか考え方を教えたいなっていうのが次なる野望なんです。

タイヤ・ハプニング

image

草刈り&かいよう病除去。
昨日よりは湿度がなくて、
風が少しあったので
多少過ごしやすかった。
それでも汗びしょだけど。

 

 

昼前、叔父さんから電話が。

畑の様子を見に行ったら、
側溝が壊れたのか、畑が水浸し。

荒れ地に近いところなので
被害自体はあんまりないけど、
そのぬかるみにタイヤをとられ
立ち往生したとのこと。

 

 

母と駆けつけ、車をぬかるみから

押し出す手伝いをした。

あよあよ、おっちょこちょいやね
って笑っていたら、

今度は母が側溝にタイヤを落とす。

箱バンの前輪の片方。

一人じゃ持ち上げられないので、
ナカラセくんにSOS。

なんとか箱バンを救出した。

 

 

 

タイヤのハプニングで仕事が

ずれちゃったけど、

大きな事故にならずにすんだから
まあ、良しとしよう。

熱と湿気でバテバテ。

image

草刈りと寺子YACTIVE。
寺子YACTIVEは小学生が昼間、中学生が夜。

朝、ちょうど仕事を始めよう
とした時に雨がいきなり降って
いきなりやる気減退…。
宿題しようとしたときに
宿題しなさい!って言われた感じ。
あれってやる気なくすよねー。

雨のせいで湿度が高くて
草刈りしてたら気分悪くなった。
顔が真っ赤だったらしいから
熱中症危なかったかも。
英断により作業を途中でやめたので
脱水とかはなかったけど。

熱中症で死ぬ人もいるし、
案外バカに出来ないんだよね。
今年は他が大変だから、
熱中症報道は少なめな気がするけど、
それでも気をつけねばね。

大人になった旧友。

image

昨日はダニ検査と倉庫の片付け。
今日は倉庫から出たゴミを屋久島クリーンサポートセンターに捨てに行った。

途中、セミナー講師で屋久島に来ていた高校時代の同級生と合流。
クリーンセンターへのドライブしながら昔話と近況報告で盛り上がった。
のはいいんだけど、目的地が風情が無さすぎるような…。

いつも旧友に会うたびに、昔と変わらないって部分を懐かしく思いながら、大人になった所にビックリしたり、刺激をもらったりする。
話の中にヒントがあったりも。
負けてらんねーな!って思わせてくれる友達っていいもんだわね。