たんかん収獲最盛期。品評会に参加しました。

新規ドキュメント 34_1

目下タンカン収穫中。一年で一番の繁忙期です。

現在、収獲が60%ほど終わりました。そろそろ再生農園のたんかんも味がのってきたので、収獲に着手出来そうです。

酸味が抜けてくるのが少し遅いようです。

今年は、昨年の大きな台風の影響で実が小さくて出荷できるものが少ない厳しい年になりました。

しかも。ヒヨドリまで来襲するなんて…。弱り目に祟り目状態です。

日高ハルオ農園も小玉傾向で出荷量が減っています。

農業の厳しさを知る、そんな年になってしまいましたよ…。

 

そんな中、毎年恒例のはるお集落「たんかん品評会」がありました。

結果は銅賞!2年連続の受賞となりました。

image (8)

 

糖度が安定して高かったのが評価をされたようです。やったね!

ちなみに父は銀賞でした。まだまだ息子には負けん!という声が聞こえてきそうな結果でした。

次は、銀賞、金賞と目指して行きたいです。

たんかん収穫中。

image

ここ1週間、たんかん収穫しています。

寺子yactiveも受験目前でバタバタ。

落ち着いたらちゃんと書きたいなぁ。

小学生スタッフ参戦!

DSC_0508

土曜日はこだまクラブの活動日。

再生農園のたんかんの収獲をする計画でしたが、まだ味がのっていないので収獲は見送っています。

急遽、収獲後のぽんかんに堆肥をまくことにしました。

堆肥は木に栄養分を与えることよりも、土に活力をつける目的で使います。

 

農園だけでなく、こだまクラブにも活力がつきました。

寺子YACTIVEの小学生の生徒が参加してくれたのです。

毎週、というわけにはいかないでしょうが、これからお手伝いをしてくれると意気込んでいます。

 

DSC_0506

 

このように、農園にみんなで堆肥をまいていきました。

小学生スタッフに負けじとワーキングスタッフもボランティアスタッフもどんどん堆肥をまいていきます。

 

DSC_0505

再生農園のこだわりとして、ぽんかん・たんかんで作った酵素液を液体肥料、土壌改良材として使っています。

酵素液はこだまクラブ製の手作り。1000倍に薄めてまきます。

柑橘の甘い香りがほのかに農園全体に香ってきて、ぽんかんの木もよろこんでいるようです。

 

子供のもつパワーってスゴイです。

ただ、そこにいるだけでみんなに力を与えてくれます。

ワーキングスタッフにとっても、子供たちにとっても、一緒に活動することがプラスになるでしょう。

楽しい化学変化が期待できますね。

金をかけずに楽しくやる。

image (6)

 

今日は初のたんかん収獲の予定でしたが、試食した結果まだ味がのりきっていないので延期することにしました。

ヒヨドリが多いので心配なところはありますが、ここは我慢。

やっぱり美味しい状態で食べてもらいたいですからね。

 

収獲をとりやめ、POPやチラシの制作をしていました。

実はここ数日そういった作業をしています。

市場やJAだけに出荷していた時代とは違い、直接お客様や店舗に出荷することが増えているので、販促の部分も必要になってきているというわけです。

資金が豊富にあれば、プロに依頼することもできますが、残念ながらそこまでの資金がありません。

コストがかけられないので、自分でしなければなりません。

経営規模の小さな農家には、販促企画、レイアウト、コピーなどのスキルも求められる、と言えるかもしれませんね。

この「コスト」、資金が乏しいので常に考え方の中心にあると言っても過言ではありません。

 

コストをいかにかけずにやるか。

これは誰もが考えていることだと思います。

現在、YACTIVEで行っているプロジェクトも基本的にはこれが命題の一つになっています。

使える資金があれば、もっとできることはあるかもしれません。

だけど、背伸びしたら自分の首を絞める事になるってこともあります。

そういうケースをいくつも見てきましたからね。

金をかけずに楽しくやるのがボクのモットーでもあります。

 

ボクなりの考え方のコツとしては、やりたいこと、面白いと思えるものに対して、今できる事とコレなら出来そうだということを整理して、組み合わせるって感じですね。

これは、例えば、受験の時に自分の学力で希望の進学先にいくためにはどうするか考えるのと同じです。

学歴なんて…って言いますけど、案外、受験の経験も考え方の基礎として役に立っています。受験を経験しておいてよかった。

何でもやってみて無駄になることはないってことなのかも知れませんね。

2月5日。

image

おはようございます。
屋久島はるお集落は晴れ。
たんかんの収穫…をしようと思っていましたが、まだちょっと酸っぱく味がのりきってないので、延期しました。

ひよどりは心配なところですが、美味しいのを食べてもらいたいので、ここは我慢。
慌てない、慌てない。